<< Q&A
 < ■方位取り&転居
 < ■水晶
 < ■鑑定
 < ■家相
 < ■その他

<< HOME

Q&A −水晶−

Q. 水晶が欲しいんですが、どれを買ったらよいかわかりません。
Q. 水晶はたまに休ませてあげた方が良いと聞いたのですが?
Q. 悪い方角に水晶を身につけて行ってしまったのですが、このまま身につけておいても大丈夫ですか?
Q. 落としてしまい、水晶が欠けてしまったのですが、処分した方がよいですか?
Q. としちゃん感激ペンダントは、何で恋愛や人間関係に、大きな効果があるのでしょうか?
Q. 水晶を身に付けていると、敏感になる?
Q. 水晶はお守りになるのですか?



Q. 水晶が欲しいんですが、どれを買ったらよいかわかりません。
A. 水晶をはじめとするパワ−スト−ンと呼ばれる物は何らかの波動(気?)を発生しています。その波動が我々の身体に吸収されることにより、我々の運気が上がっていくのです。ですので、水晶の効果を上げるには、下記が重要になります。

@ 大きさ
当然水晶は大きい方が良いです。大きければ大きいほど、発生する波動も大きく、運気を上げる効果も大きくなります。可能な限り大きな物を一個持つのが一番効果的ですが、小さな物を沢山持っても効果を上げることができます。
A 肌との密着度
水晶は可能な限り肌と密着させましょう。最低でも水晶が貴方の体温で暖まってい る状態にしておく必要があります。カバンに入れておいたり、家においておいたりでは、効果は出にくくなります。
B 純度
水晶の結晶は先端になればなるほど密度が高くなり、透明度が増します。密度が高くなれば高くなるほど発生する波動は大きくなり、効果は大きくなるのです。

当社ののラインナップの中ではどれが一番効果的なものは、ネックレスでしょう。肌への密着度、質量とも一番です。難点はごつごつしてしまうこと。なれるまでは結構違和感があります。多少長めになっているのは、服 の下にしたときに外から見えないようにです。
次にお薦めは金玉です。一個の質量が多く、ポケットに入れておけば、肌との密着も あります。難点は、女性の場合金玉が入るポケットが無いこと。
ですので女性はペンダントがお薦めです。質量も大きく、ペンダントですので、ポケットは必要ありません。
違和感無く身につけるには、ブレスレットか菱形ペンダント、猫金ペンダントがお勧めです。

まとめると、一気に運気を上げたい場合は、ネックレス、金玉、ペンダント、がお薦め。普通に運気を上げたい人は、ブレスレット、菱形、猫金が良いでしょう。ブレスレット、菱形、猫金をお持ちの方が急激に運気を上げたい場合は、補助で他の物をもう一品身につけるか、自宅の寝室に象金を置くのがよいでしょう。

女性が違和感無くいつでも身につけていられて、運気を上げる効果が高い一番のお薦 めは、ブレス+菱形ペンダントです。これが良いと思います。

最初は水晶を身につけると通常以上に違和感があります。しかし2−3ヶ月して自分の 気が水晶に移ると、身につけていないと不安になってきます。

Q. 水晶はたまに休ませてあげた方が良いと聞いたのですが?
A. 水晶は、24時間装着している場合、半年から1年に一回休めることが必要だそうです。それにより、本来のパワ−が蘇り、より多くの吉効果が期待できます。
ではそのやり方ですが、これも諸説入り乱れており、どれが本当に効くのか悩みどころです。ですので、今回はあくまでも私のお薦めの方法をご紹介します。

@日の当たるところに、丸一日おいておく。
Aお香にかざして清める。
B粗塩を厚さ1センチくらいに盛り、その上に丸一日おいておく。
C土に丸一日埋めておく。

お薦めは土に埋める方法です。これは知り合いの霊能者もやっていました。ちなみにその人はうちの象金の愛用者です。能力が増幅されて良いそうです。但し、象金を埋める場合は、紙等にくるまないと、表面にキズが入りやすいので注意!とのことでした。
また土は地面である必要があります。植木鉢のような、地面以外のところの土では、埋めても効果は薄くなります。ですので、マンション等の人は、 @とBの複合技をお薦めします。塩の上に乗せて、一日、日なたに置いておきましょう。
こんな感じで水晶をリフレッシュしてみて下さい。ちなみに、私は半年に一回、埋めております。

Q. 悪い方角に水晶を身につけて行ってしまったのですが、そのまま身につけておいても大丈夫ですか?
A. 悪い方位へ行った後とその後約1週間は、悪い方位で悪い気を吸収するので、その分体が悪い気を放出します。従って、その時期に水晶をつけていると、水晶がその気を吸収して増幅してしまうことがあります。その時期は念の為、水晶を身につけない方が良いでしょう。
但し、悪い方角に行った直後でも、すぐに良い方位に行く場合は、大丈夫です。良い方角に行けば体から良い気が出始めますので、問題ありません。

Q. 落としてしまい、水晶が欠けてしまったのですが、処分した方がよいですか?
A. これは普通に持っていて結構です。
物理的に壊れた水晶は、▲凶作用はありません。ですので、そのまま普通に持っていればよいでしょう。せっかく気を入れた水晶であれば、手放す必要はありません。

Q. としちゃん感激ペンダントは、何で恋愛や人間関係に、大きな効果があるのでしょうか?
A. 正直なところ、ここまで効果があるとは思いませんでしたが、実はとしちゃん感激 は、ある程度その効果を狙って販売を開始しました。

先ず、としちゃんの材質は白水晶(無色の一般的な水晶)です。白水晶は基本的に誰 にでもなんにでも効果が出ます。その中でも、水晶の産地によって効果の出方は変わ るのです。実験の結果、中国産の水晶は仕入れ値が安く、儲けは大きいのですが、全然効きません。と言うわけで、としちゃんは、実験を重ね、よく効く産地の水晶を 使っています。

次に形です。水晶は開運するのに質量が多いことも重要ですが、形も影響がありま す。としちゃんの形は、対人関係、特に恋愛に良く効く形で作られています。

更に、水晶はつける場所によって効果が異なります。としちゃんの形はペンダントと して胸につけるのに最適なように作られています。

こんな感じで、としちゃん感激が恋愛に効果があるには理由があるんです。

但し、注意点は、ペンダント程度で形、つける場所にこだわるのは良いのですが、あまりそういうことにこだわると、本質を見失います。

水晶はあくまでも本来は方位取りの効果の増幅用です。丸い形は、誰にでもなんにでも効きます。先ずは最低10ミリブレス1個分の質量は身に付けることが必要です。 その上で、スパイスとして、としちゃんをお楽しみください。


Q. 水晶のネックレスを買って、いつも身につけていますが、敏感になったような気がします。こんな事ってあるんですか?
A. このような現象は、個人差はありますが結構頻繁に耳にします。
水晶のもつ能力として、水晶の波動が人体に作用して、潜在能力を引き出したり、運 気を上げたりします。そしてあまり知られていませんが、精神安定効果はかなり高い のです。作家、芸術家、等、アイデアで勝負する人達は、知性運が強いため、普通の 環境ではリラックスしにくいんです。しかし、水晶を身につけることにより、水晶の波動が作用し精神が安定します。それにより、通常では使いにくい知性運をフル活用で きるのです。愛用者はかなり多いです。お坊さんにも多いですね。かなり太い、水晶のネックレス?している人は多いです。やはり集中力を高めます。

Q. 水晶はお守りになるのですか?
水晶で人の呪いを防ぐことはできますか?
A. はい。大丈夫です。水晶は古来よりお守り、魔よけ、等としても多く使われてきました。日本では古来より僧が好んで使用していたそうです。特に、高い位の僧が、生き仏になる際にも、水晶を身につけていたそうです。海外でも、ミイラの目の部分に水晶を入れて、ミイラに悪魔が乗り移るのを防いだそうです。

では現代ではどうかというと、当社のお客様でも多くの効果が上がっています。先ず、転居などで、以前お墓のあったところに引っ越してしまった人とか、大昔の戦場 などの後に引っ越してしまって、家の中をお侍さんが歩き回っている…・などの場合が多いのですが、そういう場合も水晶を身につけることによって効果をあげています。殆どの場合、事体は改善の方向に動きます。中には、芸能関係の人で、心霊スポットの取材の番組に出るので何とかしてくれ…・と言う相談もありました。その人は霊的に敏感で、普段から良く取り付かれるそうです。何もしないでそんな番組の取材に行ったら、絶対に取り付かれてしまい、ただではすまないのですが、その仕事を断ったら、次の仕事が来る保証はなかったそうです。結果的にその人は、右手に12ミリ生霊ブレス、右胸に熊金をガムテー プで貼り付けて、取材に臨み、何とかなったようです。

又、人の呪いですが、水商売、芸能人等の人気商売の場合、お客さんの念を受け易いのです。ですので、芸能人などでも、人気が上がるとともにファンの念が取り付き、体調不良になる場合が多く見られます。なぜか、殆どの場合、三半規管をやられ るようですね。平衡感覚の麻痺、原因不明の頭痛、聴覚の不良、右鎖骨の骨折、等が ポピュラーな呪いの効果です。当社でも芸能人、水商売関係の人の相談は多く、その場合も水晶を身につけることにより、殆どの 場合改善の方向に向かっています。特にこの場合は右手に付けるのが良いようです。人の念は右半身に取り付くことが多いようで、右半身を水晶でプロテクトすることにより、呪いを防ぐ効果があった例が多く確認されています。


■方位取り&方位転居 編
■水晶 編
■鑑定 編
■家相 編
■その他 編

<< TOP


<< HOME